bLog TOP

 

大好きな短い歌

何度聴いても、ウルっときてしまう曲がある。

キャロル・キングがライブの1曲目に唄う短い歓迎の歌。

♪'Cause I'm sixty-two~ 部分に齢を重ねた美しさがある。

こんな曲で始まりだったらどれほど素敵な夜を過ごせるだろう。

 


Welcome to my living room
私のリビングルームへようこそ

It's not a womb, it's not a tomb
それは子宮ではなく、墓でもない

Not a June bride or the December groom
6月の花嫁でも12月の新郎でもない

Tonight, in Hyannis
今夜、このハイアニスで

We'll be playing at a reasonable volume here
適度な音量で演奏します

In my living room
私のリビングルームで

I'm gonna play some songs for you
私はあなたのためにいくつかの曲を演奏するつもりです

There are so many I'd like to do
やりたいことがたくさんあるけれど

If I don't get to them all, I hope you'll forgive me
それらすべてが出来なかったとしても、私を許してくれることを願っています

'Cause I'm sixty-two
私は62歳だから

And there's so many I'd like to do
やりたいことがとてもたくさんあります

Old and new
古いのと新しいのを

But I'll try to do all I can in the time they give me
私は、与えてくれた時間の中でできる限りのことをやってみます

Let's set aside all the fussing and fighting
さあ、すべての騒ぎと戦いを脇に置きましょう

And meke this night about songwriting
そして今夜は作った曲について

Sing and play some favorite tunes
いくつかのお気に入りの曲を歌い演奏します

Welcome to my living room
私のリビングルームへようこそ

bLog TOP