bLog TOP

 

日常の幸せ

1年前の今日は、会社メンバーとハワイでウルフギャングしてた。

今年も、本来なら今週、ハワイに向けて出発するはずだった。

 

ぼちぼち、言いたくなってきたよね。

何てことない日常がどれほど幸せなものだったのか、今、感じる。

 

週末、買い物に出かけたり、妻と美味しいお店を開拓したり、ジムで汗を流したり、スーパー銭湯で電気風呂にしびれたり。

ゴルフやセーリングに出かけたり、友だちと飲みに行ったり。

 

ほんの少し前まで、普通に世界は動いていて。

今日の日を思えば、あの頃の問題など、どれも取るに足らない程度のことに思えてくる。

 

こう書くと、何やら自分が困難の真っただ中にいるような感じだけど、実際には、とてもありがたいことに、たいして困った問題が起こっているわけでもなく。

ただただニュースの見過ぎで、蜘蛛の糸に巻かれているのか。

 

 

そんなこともあってか、今朝、明け方に、とても奇妙な夢を見た。

 

場所はバンコクのごちゃごちゃした小汚い市場。

そこで私は、台の上に山積みされているフルーツの一つを買おうとしていて、いつもの黒い長財布を開いた。

財布からは、けっこうな枚数の札束が顔をのぞかせている。

ふと視線を感じて横を見ると、10代後半とみえる若い男がふたり立っていて、その札束に目をやっていた。

・・・しまった。ヤバイ。と瞬時に感じた。

 

余談。実際、バンコクへ行く時は札の枚数が多くなりがちだ。

一流店以外でカードは使いたくないし、まだまだキャッシュ文化なので現金が必要になるのだが、バーツは枚数が多くなりがち。

100バーツ札が便利なので、10万円分くらいでも、ある程度の量の札束になってくる。

だから、あまり街で財布を広げたくないな、とはいつも感じてた。

 

で、話は戻る。

私は、フルーツを受け取って静かに歩きだした。

何気なく横を向き、後ろから二人が近づいてくるのを感じる。

しかし、見たからに悪党という感じではない。置き引きやバイクを盗んで走りまわる、中途半端なヤンキーという感じ。

ついに、背の低い小太りの奴が肩に手をかけた。

タイマンなら勝てそうな気がして、何や!と手をパンと払い歩き始めたが、もう一人の奴の顔が興奮気味で、今にも襲い掛かりそう。

興奮させてはいけないと思ったが、一気に走った。

 

はい。長いよ~この話。

 

全力で走るが、奴らもすぐ後ろを追いかけてくる。

息切れしながら古びた建物の中に飛び入ると、薄暗い階段があり、見下ろすと10階くらいある。

夢だから、道路から入った建物に地下10階の階段があっても不思議に感じていない。

 

そこを段飛ばしで駆け下りるが、そのうち、右手で手すりを持ち、外へ遠心力をつけるように体を伸ばすと、まるでポールダンサーのように美しくなめらかに、手だけで滑り降りることができた。

追いかけられる恐怖を感じながらも、めっちゃ気持ちええやん!とも感じていた。

はいはい。たしかにバンコクでポールダンス見に行きましたよ!

 

で、一番下まで到達すると、草むらに囲まれたバラックのような掘っ立て小屋があった。

そこに飛び入ると、10畳くらいの広さがあるのだが、真ん中に汚い和式便器が一つあるだけ。

使われてないトイレかぁ、と思いながらも、そこで息を殺して隠れていようと思った。

 

しかし、しばらくして人が近づく気配を感じた瞬間、錆びたブリキのドアがバーンと蹴破られ、そこにあの二人が立っていた。

もう逃げようがない、と感じながらも走馬灯のように思いが巡る。

 

一番下までアッという間に降りて上手く逃げたと思ったのに、そっか、右手がずっと手すりの上にあったから、上から手が見えとったんか~。とか。

バーツ10万円分、日本円も10万円入っているが、もう、キャッシュはしかたないな。

しかし、カード類はあとあと盗難手続きとか大変だから、何とかキャッシュだけ渡して立ち去るようにしないと・・・、だけど中途半端にするとこいつら興奮して刺しかねないなぁ。最初から財布ごと全部渡すか・・・ とか。

 

あれこれ考えながら、奴らと目を合わせ立っているが、なぜか一歩もこっちに近づいてこない。

そのまま1~2分くらい緊迫した空気を感じながら奴らを見ているが、ふと気づくと、奴らを見ている自分が、いつの間にか布団の中にいて、奴らを下から見上げていることに気づいた。

 

そして、直後に目が覚めた。

うわ~今の夢かぁ。 あせったぁ~と、胸を撫でおろした。

 

久しぶりに、ストーリーがはっきり思い出せる夢。

羽毛布団でぬくぬくしながら、さっきのストーリーをなぞった。

 

それにしても、この時期。お布団、気持ちええわぁ~。

ほんと、日常って幸せなんよねー。

bLog TOP