bLog TOP

 

ヘッドラインの危険性

DeepL翻訳がすごい」で紹介したDeepLが面白くて、US版 Newsweekの記事を色々見ていたら、こんな記事が出ていた。

日本の首相、オリンピック開催は「不可能」と発言
※ニュアンス的にはCould beで「不可能だろう」かな。

ん?知らなかったけど、そんな発言したのか!と「安倍首相 不可能」で検索してみたが、一切、国内ニュースでは出ていない。

出てくるのは「安倍首相、昭恵夫人をコントロール不能」ばかり。

それで、記事全文を読んでみると、実際はいつもの答弁なのだ。

日本の安倍晋三首相は2020年の東京五輪開催は「不可能」であると述べ、都知事が日本の非常事態の延長を求めた。

"オリンピック・パラリンピックは、選手も観客も全員が安全に参加できるような完全な形で開催しなければならないと言い続けてきた。ロイター通信によると、「コロナウイルスのパンデミックが収束しない限り、そのような完全な形での開催は不可能だろう」と、安倍氏は国会議員に対応しながら語った。

引用:Newsweek US版 記事全文 + DeepL

このヘッドラインを見て、世界の人々はどう思うのだろうか。

「オリンピック開催は不可能」と、「パンデミックが収束しない限り、完全な形での開催は不可能だろう」とは全く違う。

確かにコピーラインティングでは、1行目の目的は2行目を読ませる事。2行目の目的は3行目を読ませる事。というのが基本。

そういう意味で、ヘッドラインは本文を読ませるために存在する、というのは原則だが。ニュースサイトでそれはどうだろうか。

 

以前から気になっていたが、YahooニュースやSmartNewsなどのキュレーションサイトが、ヘッドラインで事実を歪曲化して広め続けており、それはとても危険な事だと思っている。

数年前にDeNAがあれだけ問題になってサイト閉鎖したのに、いまだ素人にヘッドラインを書かせ続けている。ほんと滅茶苦茶だ。

 

Newsweekでさえこの調子なら「うん。もう解った」と言いたい。

社会(世界も)の認識はキュレーションのヘッドラインやTwitter、Youtubeなど質の低いものに振り回される、というのを分かったうえで、自分は、信頼できる一部の有料記事や責任あるファクトに基づいて自分なりの判断基準を持っておく。

悪意あるフェイクではないが実質フェイクなものが多過ぎるよ。

bLog TOP