bLog TOP

 

あらためて、Wi-Fi

本日は、意外に知られていないIT小ネタ。

Wi-Fiに接続しようとする時、AとGが表示されることがあるが、どちらを選択しているだろうか。

結構「なんとなく選んだら繋がったので、特に気にせずそのまま利用している」というのが多いのではないだろうか。

確かにそれで良いといえば良いのだが、私は常にAを選んでいる。

なぜなら、Aの方が速いから。

 

で、朝、ふと思い立った。いっぺんちゃんと計測したろ!と。

結論、やはりAの方が1.25倍速かった。

 

下記の表は、AとGを交互に切り替えて5回計測したもの。

1 2 3 4 5 平均
A 93.21 88.71 87.64 91.01 88.48 89.81 Mbps
G 75.71 71.09 55.67 70.15 87.72 72.07 Mbps

 

単位のMbpsとはメガビット/秒で、8ビット=1バイトなので、89.81メガ ビット/秒とは11.22メガ バイト/秒。

 

音楽ファイルのMP3で考えると、約1分1メガバイトなので例えば1曲5分とすると、Aは1秒で2.3曲、Gは1秒で1.8曲ダウンロードできるという事。

確かに違いはあるが・・・1秒で何曲?の話なのでねぇ。

とはいえ、AもGも料金は変わらないので、まぁAでしょう。

 

では、Gは何のために存在するのか?

Gは波長が長いので曲がりに強く、例えば扉を挟むとか階が違う場合も電波が届きやすいのが特徴。

WiFiルーターとの位置関係でGの選択も必要ということよね。

 

余談

昔、「ソフトバンクは電波がつながらない」と言われ続けていた原因は、「G」のような波長の長い帯域(いわゆるプラチナバンド)をdocomoとKDDIが絶対に譲ってくれなかったので、基地局を何倍も増やさないといけなかったということ。

ほんの1~2%のエリアを埋めるために、時間も費用も莫大にかけたのは、まさしく、孫の正義によるところですね。

ではでは!

bLog TOP