日記

歩む者のない道

今朝、久しぶりにロバート・キヨサキの『金持ち父さん、貧乏父さん』を再読していたら、彼が大好きだという詩が載っていた。

初めて読んだ時(2001年)にはそれほど気にしていなかったけど、今はとても美しく感じる。

『歩む者のない道』

ロバート・フロスト (1916年)

黄色い森の中で道が二つに分かれていた

残念だが両方の道を進むわけにはいかない

一人で旅する私は、長い間そこにたたずみ

一方の道の先を見透かそうとしていた

その先は折れ、草むらの中に消えている

それから、もう一方の道を歩み始めた

一見同じようだがこちらの方がよさそうだ

なぜならこちらは草ぼうぼうで

誰かが通るのを待っていたから

本当は二つとも同じようなものだったけれど

あの朝、二つの道は同じように見えた

枯葉の上には足跡一つ見えなかった

あっちの道はまたの機会にしよう!

でも、道が先へ先へとつながることを知る私は

再び同じ場所に戻ってくることはないだろうと思っていた

いま深いためいきとともに私はこれを告げる

ずっとずっと昔

森の中で道が二つに分かれていた。そして私は……

そして私は人があまり通っていない道を選んだ

そのためにどんなに大きな違いができたことか

アーカイブ since 2004

ランダムPickup

  1. 日記

    未来への手掛かり
  2. 日記

    好きなタ・イ・プ
  3. 日記

    心地よい時間
  4. 日記

    にわか健康志向
  5. 日記

    今年もお疲れ様でした
PAGE TOP