bLog TOP

 

新しい時代の初日に想うこと

天皇陛下・皇后陛下 ほんとうに、ほんとうにお疲れさまでした。

これから末永くお二人で、穏やかな日々のなか、ご自身のために人生を楽しまれることを切に望みます。

日本の最も誇らしく最も美しい姿でした。ありがとうございます。

 

 

昔、よくこんなことを考えていた。

 

「幸せ」って何だろう?

日常で時折り感じる「暖かいそよ風」のようなものでなく、「幸せの中に包まれて生きる人生」とはどういうものだろう?かと。

 

それは、「自由」であることなのか、「豊か」であること「楽しい」ことなのか、「愛」なのか。

誰もが追い求めている「幸せ」なのに、それを本質的に定義しなければ、何を目指すべきかわからない。

 

その目指すべきものをみつけるには、「世の中で一番幸せな人とは誰か?」を知ることから始める必要がある。

例えば、両極端に、何者にも縛られない「浮浪者」と、こうあらねばならない「天皇陛下」のどちらが幸せなのか?

それを考えたとき、どちらにも成りたくないと思ってしまう。

昔から色々な人に「世の中で一番幸せな人とは誰だと思う?」とたずねてきたが、いまだに答えがわからない。

 

でも、昨日の退位礼正殿の儀を観て、感動とともに思った。

 

「幸せ」が何なのかはわからないが、「幸せな生き方」とはこれなのかもしれないと。

それは、天皇陛下がやってこられたように、「人々のために暖かいそよ風を吹かす」こと。

 

「何を手にしたら自分は幸せになるのか」、ではなく、「何をすれば周りの人々が "幸せだなぁ"と感じるのか」を考え、行なう。

それこそが「幸せな生き方」であり、その一貫した生き方の先に、振り返れば「幸せだったなぁ」と思えるのではないか、そう深く感じた。

確かに、陛下のお言葉の中にも「これまでの天皇としての務めを,国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは,幸せなことでした」とあった。

 

周りの人々の幸せを想い、暖かいそよ風を吹かす人になる。

 

例のごとく、しばらくするとすっかり忘れているかも。

しかし、少なくとも令和の初日、今日は強く想っている。

bLog TOP