日記

自分が死のうとする夢

3年ぶりに自分が死ぬ夢を見た。

死ぬ夢というより、死のうとするが死ねない夢だ。

夢は、自分が切腹しようとするシーンから始まる。意味解らん。

よしと思い、短刀のようなものを自分の腹に刺す。鈍い痛みを感じながら思いっきり刺しているのだが、皮膚を突き抜けてくれない。

確かに、夢の中なのにとてもリアルに腹に痛みがある。それでも全然刺さってくれないのだ。

この感触を言い表すのにピッタリのイメージがある。

固めのプラスチック製 30cmものさしを想像してほしい。それを両手で腹の方にグッーーっと押し込んでるイメージ。腹には突き刺さらないが、それでも刺すつもりでキツく押し込むと、痛てぇーウグググゥ・・・という感じになる。

そんな感じで、本気で刺そうとしているのに刺さらないのだ。
今思ったが、死ぬことより、刺すことが目的だった気がする。

夢にしては、かなりリアルな感触があった。

もしかしたら、寝ている間、本当に腸の痛みがあったのかもしれない。
まぁ不思議な夢だった。

アーカイブ since 2004

ランダムPickup

PAGE TOP