日記

東西ハーフ人

大阪支店での仕事やGW9連休もあって、ずいぶんと久しぶりに東京へ来たんだけど、新幹線で品川駅に着いてJR山手線に乗り換えたとき、とても不思議な感覚を持った。

何というか、ゆっくりとスイッチを切るような感覚。

東京という大都会に溶け込むために、ゆっくりと糸を緩めている自分に気づいた。

昔は、まったく逆だった。

東京に行くときはスイッチをバーンと入れる感覚。戦いに挑むように、グーッとテンションを上げていく感覚だった。

それが、今日、正反対の感覚を持ったのだ。

東京に着いてスイッチを切っている自分がとても不思議に思えた。

頭で考えて、スイッチをオンオフしているわけではない。

自動的にそうしていた。

もしかしたら、自分は、少し東京人になったのかもしれない。

ここは、戦いの場所でも気を張る場所でもない。そう感じる。

かと言って、関西に帰れば、これはこれで非常に緩むのだ。

まぁ、西に行っても、東に行っても、スイッチを切るのであれば、いったいお前は、いつスイッチを入れてるのか?という話だが・・・。

毎週、東京へ通い始めてもうすぐ丸8年になる。

今は、関西人でも東京人でもない。東西ハーフな感覚だ。

アーカイブ since 2004

ランダムPickup

  1. 趣味:海で遊ぼう

    海へ
  2. 日記

    Too bad
  3. 日記

    リマーケティング
  4. 思考:気付きの言葉

    強くレコメン
  5. 趣味:本と暮らそう

    わいたこら。
PAGE TOP