日記

京都ぶらり

晴天で気持ちよさそうなので、妻と京都をぶらつくことに。

清水寺へ向かう八坂通りは、情緒ある小さなお店がたくさんあって、のんびり歩くだけで「あぁ、日本って良い国だなぁ」とじんわり思う。

お昼は京料理「修伯」にて。

二人で食事する時は、お店選びも予約も私の役割。妻の好みはわかっているので、ほぼハズレることはないが、今日のお店は、今までのなかでもかなり上位で気に入ってくれたようだ。

確かにこの店は、季節を変えながらその時々、旬のものをいただきにきたいと思った。

食後は、京都国立美術館で開催されているヴァンクリーフ&アーペルのハイジュエリー展を観に行った。

数百点が展示されていたが、もう、ハリウッドセレブですら似合わないほどゴージャスで、欧州の貴族や王族でしか似合いそうにない雰囲気を放っていた。

そして最後は、いつもの「鍵善良房」のわらび餅、かなと思ったが、まぁまぁ疲れたので、帰り道の適当な店で買ったのだが、これがまた凄く美味しい。

なぜなんだろうか、京都のわらび餅は本当に美味しい。

そんなこんなで、とても気持ちのいい休日を過ごせた。感謝!

  1. 日記

    せっかくだから
  2. 日記

    I LOVE ME
  3. 思考:気付きの言葉

    言葉 from 手帳
  4. 日記

    好きなタ・イ・プ
  5. 日記

    原形創りと大量複製
PAGE TOP