日記

ジョブズのプレゼン

昨夜、社内で6人が発表する「知ったかぶりセミナー」を行なった。

優勝商品は優勝者夫婦(orカップル or親子)と私たち夫婦の4人でディナー。
妻は、「それって、その人にとって罰ゲームになってない?」と言っていたが・・・
まぁそんなことは知らん。

話の内容、コンテンツも重要だが、やはりプレゼン力(伝える力)が大事。

プレゼン 力とは、当然パワポ 力ではない。

いくら良い商品があっても、いくら良い思想があっても、伝える力がなければ売れない。頭でなく感情に届かなければ、何も残らない。

以前に書いた記事だけど、再投稿。

この世で最も興奮するプレゼンテーションは、iPhoneを発表した日のスティーブ・ジョブズだろう。

ついでに、ジョブズのプレゼンを解説しているVideoがYoutubeにある。

『Present Like Steve Jobs』

http://www.youtube.com/watch?v=S4UEJMuo0dA

これらの素材から、ジョブズプレゼンのポイントをまとめると

  • 明確で一貫性のあるテーマの設定
    • アウトラインを提供する
    • 各セクションへの移行を明確にするリスナーが話について来やすいようにする
  • 熱意を持った表現
    • 話者に情熱がなければリスナーは熱を帯びない
  • モノを売らず体験を売る
    • 数字をより想像しやすい表現に置き換える
    • なんと12GBです!より、月旅行へ行って帰るまで聞けますよ
    • シンプルな視覚表現で1ページに1つか2つの絵や文字にする
  • 観客にショーを提供する
    • ビデオ、実演デモ、ゲスト登場を織り交ぜる。
    • 記憶に残る瞬間を創る
    • 薄い封筒から出てきた薄いノートPCを焼き付ける
  • リハーサル、リハーサル、リハーサル
    • 演出やタイミングのリハーサルに時間を費やする
  • 終わりかけに、「そして…もう一つ」
    • ついで以上ならなお良し。追加ボーナスを持ち帰ってもらう。
    • 力強い始まり、力強い結論、追加のボーナス
  • 観客と視線を合わせ続ける
  • 読む必要のないシンプル画面と念入りなリハーサル
  • オープンな姿勢
  • ポケットに手を入れたり腕組みせずオープンなジェスチャー
  • 効果的な手のジェスチャー
  • とても大きい、すごく小さいなどのオーバージェスチャー

アーカイブ since 2004

ランダムPickup

PAGE TOP