日記

灯台への道

20120925.jpg 

私には学歴がないけど、弊社の取締役は東大卒。
学歴にこだわりは無いが、やはり頭の回転と切替えが異常に速い事はよく実感する。
彼は現在40歳、身長185、誠実で優しく、英語ペラペラ、しかも甘いマスクの男前。
さらにさらに今のところ独身である。あらためて書くと恐ろしいほどのスペックだ。
ちなみに、彼とは7年の付き合いになるが、東大卒と知ったのは取締役になった後。
謙虚というか…。私なら自己紹介の時、名前の次に言ってしまうだろうな(笑)
ところで、彼が東大に入ることになったきっかけが面白い、・・・と言うか
子供を持つ親には役立つ話かもしれないので是非紹介したい。
それは、小学校4年生の頃。 たった1つの出来事が全てだったという。
ある日、母から「大きな模造紙を買ってきなさい」と言われたそうだ。
大きな白い模造紙を買って帰ると、母は、その模造紙に10桁ほどの数字を一列書き
それを何段にもわたって下に書いていった。そして、模造紙は数字で埋められた。
母は「これをすべて足し算しなさい」と言った。彼は当然、できないよ!と。
すると母は「繰上げ算はできるでしょ?やり方は同じ。ただ長いだけよ」と。
120925-2.gif
そして彼は何日もかかって計算した。だが、チェックしてもらうと不正解だった。
母は「やり方は2桁と同じ。ちゃんとやれば必ずデキるからね」そう言われて、また1から計算し始めた。そして、何度目かのトライで正解となった。
すると母は「凄い!!これは東大生でも解けない問題だったの。あなたは天才だわ!」と。
そして彼は東大生よりも頭が良いのだと信じ込み、他の科目もすべて簡単になった。
この出来事がすべてだった。という。
2桁がデキるなら10桁もデキる。やり方は同じだから。
ビジネスにも通じるものがある。桁数が大きくなると間違いやすくなるだけだ。
桁数が大きくなっても正解を出した人は、掃いて捨てるほどいるのだから。
それにしても、親の言葉、親の背中は子供の人生を大きく左右するものだなと。
自分の子であれ社会の子であれ、私たちは言葉・背中で何を伝えているのだろうか。
PAGE TOP