日記

宇宙専用空港 Space Port America

10月17日 ニューメキシコ州に建設中の宇宙専用空港「Virgin Galactic GATEWAY TO SPACE」 通称「スペースポートアメリカ」のターミナルビル落成式が行われた。
いよいよ来年、民間の宇宙旅行が始まる。旅費は20万ドル(今の為替で1500万円)
リチャードブランソンのようなクレイジードリーマーがいっきにインフラを加速させる。
数万円のルーターを無料配布しブロードバンドインフラをいっきに作った孫正義も同じ。
宇宙専用空港! ・・・口に出して言ってみるだけで鳥肌が立つ。カッけぇー!
確か、昔に作った人生計画表の5~60歳あたりに、「夫婦で宇宙旅行」と書いた。
長い間見てなかったが、さっきファイルを探して確認してみたら、ちゃんと書いてある。
2020年55歳の欄に、「妻と宇宙旅行をする」 と。
ついで、60歳の欄には、「息子夫婦に宇宙旅行をプレゼントする」とある。
このファイルは、Life is beautiful計画.xlsというファイル名で100年の欄がある。
ちなみに100歳の欄は、「いたって健康のまま、ポックリ逝く」 だ。(笑)
2003年に書いた計画だから8年も前の想像だが、他の欄を見て我ながら驚いた。
2008年 40ftのヨットを新西宮ハーバーに持つ。その年それを芦屋ハーバーに持った。
2010年 セミリタイヤ経済的自由になる。 2008年末に実現した。
2011年 新しいビジネスを始める。 2010年に始めた。
書いた時はどうやったら実現するかわからなかったし、日々の目標にもしてなかった。
でも、心の奥底 もしくは潜在意識の中では、それに向かっていたんだろうと思う。
念のため…ですが、自慢話をしたいのでなく、書けば実現する”事実”を伝えたい。
きっと2020年までには、妻と宇宙旅行に行くことになる。
その頃には一人800万円で早期申込ペア割だと1500万という価格もリアルに見える。
今、やり方がわからなくてもいい。ちょっと無茶な感じでもいい。今、どん底でもいい。
こうなったらきっと人生は美しくなる!という事をワクワクして書けば忘れた頃に叶う。
ほほぉぅ。ほんだら書いてみたろうやんけ!という無邪気な方は白紙ファイルをどうぞ。
白紙のLife is beautiful計画.xls
どんどん実現して、次世代の子供や若者に輝く未来と夢を与えましょう!

アーカイブ since 2004

ランダムPickup

PAGE TOP