と言うわけで福島正伸フリークの私は、両手で気持ちを贈るのだ。