日記

愛しいバカボンのパパ

マウスで書いたよ。 さすがに英語の一言メッセージが思い浮かばんかった…。
妻はバカボンのパパが好きだと言う。
好きだから彼女はバカボンのパパに似ている。  ・・・いや、性格的に。
しかも、パパのような天然にとどまらず、日夜新作ギャグを考えて披露してくる。
天然+攻め 。 うかつにも結構ハマっている。
だから毎日、会話の半分以上いや8割りがたはお互い声出して笑っている。
来月で結婚20年を迎えるけど、あの人のポテンシャルはまだまだ余裕があるな。
それで、私もバカボンのパパは好きだ。
パパの名セリフはなんと言っても 「これでいいのだ!」 だろう。
でも、他にもいいのがある。

「ママがいるからパパなのだ」  ・・・ これは、ぐっとくるセリフです。
「忘れようと思っても、思い出せないのだ」  ・・・ これも凄い言葉だなぁ。
どれもが共感できるし、短い言葉で上手く表現してるなと思う。
だけど、これらの言葉を語っているのはモチロン パパではなく、
パパのパパ、つまり赤塚不二夫なのだ。 (口調がパパになってきた)
最後に、彼の『天才バカボン』に対する想いを紹介したい。

『天才バカボン』を描き出した時にもまず思った。
バカに真実を語らせようと。
そこからバカボンが生まれ、
バカボンのパパが生まれたんだ
バカボンのパパってさ、別にラクして生きているわけじゃないんだよ。
パパはパパなりに、どうすれば家族を幸せにできるか
どうすれば毎日を楽しく過ごせるかを考えながら
一生懸命頑張っているわけ。
そのためには体ごとぶつかっていってる。
ただバカっつったってホントのバカじゃダメだからな。
知性とパイオニア精神にあふれたバカになんなきゃいけないの。
赤塚不二夫

アーカイブ since 2004

ランダムPickup

PAGE TOP