bLog TOP

 

キールとラダーの取り付け


今日は、仕事中にちょっと立ち寄り。
10日以上かかる新艇セッティングの中でも大仕事と言えば、キール取り付け、船底塗装、マスト立ての3つになりますが、キールとラダーの取り付けが本日完了してました。
キール(船底中央部)の役割は、横流れを防ぎ艇を前進させることと、ヨットがヒール(傾く)した時の復元力を生み出すこと。鉛塊?で超重く作られており設置も大変。
海上では白い帆こそがヨットの原動力に見えますが、水面下のキールがなければ前進できませんし、簡単に風で横倒れし沈没してしまいます。
まさに、これがなければヨットにならない、キモ中のキモがキールです。
ラダー(船尾付近の白長板)は舵板ですので方向を変えるものですが、ボートに比べて長く作られています。
なぜなら、ヨットは傾いて走るものであり、傾くとラダーの水深が浅くなってしまう。
水深が浅いと舵が効かなくなってしまうので、かなりの長さで作られています。
あれで1.5mくらいあるかな。

bLog TOP