日記

好き嫌い

フランス映画はどうも好きになれない。邦画もいまひとつ。
いわゆるミニシアター系のもの、特に欧州系はいつもガッカリさせられる。
日常を描いた起伏のないストーリー展開がたまらなく辛気臭い。
あくまでも個人的な意見ですが。
かと言って派手なハリウッド映画が好きかと言うと、それもない。
欧州系の起伏の無いストーリーや、起承転結ミエミエパターンのハリウッド映画が面白くないのは、自分の生き方と照らしあわすから。
もし、自分の人生がフランス映画のようにダラダラと流れるものなら、生きる意味を見出すのに苦労する。
もし、自分の人生がハリウッド映画のように予測のつくものなら、知ってるストーリーをなぞる人生に魅力を感じない。
人生はサスペンス映画のようであってほしい。
予測のつかないストーリー。 予測のつかない人生。
もし、自分の人生に予測が立ってしまったら、あえてストーリーを変える。
進むべき道に迷ったら、「無難な道」でなく「やっちまったの道」を選ぶ。
ちなみに、リーガルサスペンス系の『ダメージ』 面白いです。
最近、レンタルDVDが始まりました。
http://www3.nhk.or.jp/kaigai/damages/

アーカイブ since 2004

ランダムPickup

PAGE TOP