思考:気付きの言葉

フォルクスから学ぶこと

我が家では、よくステーキファミレスの「フォルクス」へ行きます。

月に3回は行くので、比較的フリークの方かね。

フォルクスのスープバーが好きで、特に好きなのはブイヤベースだったんですが随分以前に廃盤となってしまいました。フォルクス本部へ「ブイヤベースを復活して欲しい!」と意見したですが、「今のところ復活の予定はありません」と・・・。

フォルクスのスープはどれも美味しくて、ああ言う発想が大好きです。要は「一回だけ集中して努力する」ってやつ。

ソフトでもスープでも、1回集中して良い物を作ってしまえば、完全複製できるんですよね。
仕組みを作れば、以後、誰でもカンタンに良い物を提供できる。その間にまた次の良い物をじっくり作れば良い。

「複製できる」という発想はビジネスの仕組みとして大きな要素
ロバート・キヨサキもこのことをよく言ってます。

ホントはフォルクスで気付いたサービスの話を書きたかったんだけど、また今度にしよう。

アーカイブ since 2004

ランダムPickup

PAGE TOP