bLog TOP

 

木村政雄の話

先日の勉強会に、元吉本興業 常務の木村政雄氏がゲストスピーカーとして話をしてくれました。
この人、完璧に芸人です。話がめちゃくちゃ面白く、それでいてなかなかの賢者ぶりを発揮していました。
その中で、ちょっと面白いたとえ話がありましたので紹介します。


「多くの日本人は個性がなく、右にならえの人種である。ですから・・・」というような話の流れから、たとえ話として、タイタニック沈没時の出来事を紹介してくれました。

タイタニック号が沈没する時、救命用のボートはほんの僅かしかなく、とても乗客全員を救出することは不可能だった。
乗組員達は、男性の乗客にお願いした。「女性、子供、お年寄りをボートに乗せてあげてください!」と。
しかし、生死を目前にした一部の男性乗客達は、われ先にとボートに乗り込んでしまった。
乗組員は、救命ボートに乗り込んでしまった男性乗客達に降りてもらうため、このように説得した。

ドイツ人には、「君、男ならルールを守ろう!」

イギリス人には、「あなたは、ジェントルマンですよね」

アメリカ人には、「お前は、ヒーローになりたくないのか!」

日本人には、「あの~、みんな降りてますよぉ」

bLog TOP