この休日は、読書にふけってました。

いや、いつものビジネス書の類でなく、「ダ・ヴィンチ・コード」という小説系のヤツです。

ほとんどこの手の本は読まないのですが、あまりにも話題になってるので少しかじってみると、あまりにも面白すぎて、上下巻を一気に読んでしまいました

前回のポルトヨーロッパとつながりますが、小説に出てくるダヴィンチの「最後の晩餐」の謎やバチカン市国などは、イタリアで感激した記憶がまだまだ新鮮なので、とてもリアルに感じました。

あらためて、ヨーロッパは歴史と知性と謎とロマンに満ち溢れた魅力な場所です。

「ダ・ヴィンチ・コード」を是非、読んでみてください。