bLog TOP

 

体・・・ウズいてますか?

青空この週末は、色々と動き回った。[:ジョギング:]
まずは、阪急でスーツなどを買いに。4時間もかかってしまった。
そして、土曜日の夜は、よくレイトショーの映画を観に行く。
すいてるし、安いからね。家族3人で3400円だから良い遊びだ。
そしてレイトショーと言ったら、食事はインド料理だ!円山家のお約束。
ちなみに映画は「ナショナル・トレジャー」の先行ロードショー。
「ダビンチコード」を読んでいるような、引き込まれるストーリーだった。

日曜日は、雪の中、引越し先の物件を見て回った。
先日、友人と芦屋で待ち合わせをして会ったとき、不意に体がぞくぞくっとして
「芦屋に住もう」と思った。
私は、こういう体の訴えをよく聞くようにしている。
理屈頭で考えてOKなことでも、体が必死に反対を訴えることがある。
その逆もしかり。

体の「ウズき」や「抵抗感」。これは、その人の本質的な価値観を素直に表す。

「俺は、ありきたりの人生じゃ満足しない」そういう価値観を持っている人は
チャンスが到来した時や環境の変化があったときに、「体がウズく」はずだ。
「体のウズき」は、頭で理解するモチベーションを遥かに超えるパワーがある。
「ヤラなければならない」じゃなく、「今スグにヤリたい」という感覚だ。

そういう意味では、「恋する瞬間」も「体のウズき」だと言えるかも。[:ラブ:]
恋は、頭で徐々に芽生えるものでなく、一瞬のうちにスイッチがONになるものだ。(だったと思う・・・)

「最近、何も新しいことやってないなぁ」 そう言う人は、まず、ワクワクできる
ものに取り掛かってみよう。
ワクワク感は「近い将来の環境の変化」を作ることによって今スグ簡単に体験できる。
例えば、1ヵ月後に海外旅行へ行くとか、習い事を始めるってのも良いだろう。
引越しするってのもワクワク感を得られる。

さらに、「体がウズく」ことを考えてみよう。
体がウズくのは、多くの場合プレッシャーの重さに比例する
今の自分より、少し大きめの課題を設定しよう。
「失敗するかもしれないけど、チャレンジしてみたい!」、そういう感覚のもの。

何を予定したら、ワクワク感を得られますか

どんなことなら、体がウズきますか?

bLog TOP