bLog TOP

 

金賞受賞酒 上喜元 美味し

あえて当たり前のことを言うようだが、美味しい日本料理を頂くときは、やはり軽くビールからの冷酒に移行していきたい。

以前は日本酒が飲めなかったが、ワインと同じように少しずつ自分の好きな系統がわかってくると、いわゆるハズレに当たることもなくなり(・・・ハズレに当たるとは妙だが)、毎回、自分好みの美味しいお酒が飲めるようになってきた。

と言っても、そんな、蔵元がどうで米はなにで、なーんて難しいことはさっぱり解らず、単に甘めでさっぱりした日本酒が自分好みで、それなら「大吟醸」を選べば良いというシンプルな話。

 

昨夜は、全国新酒鑑評会で金賞を受賞した『上喜元』を頂いた。

たまに、ワインでモンドセレクションだの〇〇コンクール金賞受賞だのと謳ってスーパーで売っている千円、二千円代のワインがあるが、見事にハズレまくってきた。あくまで個人的な好みや感想だが。

しかし、この『上喜元』は、酒シロウトである私でも、ムムっ!これ美味い!他と全然違うぞ!と感じられるものだった。

確かに、まず、店の雰囲気も客層もよく、とても美味しい日本料理店において、キンと冷えた徳利と、「金賞受賞酒 社氏 佐藤正一」的な自信に満ちた一升瓶を目の前において盃を傾ければ、全部込み込みで「旨い!」と感じざるを得ないのかもしれないが。

それを差し引いても、今まで飲んだ中で、一番美味しいと感じたのは間違いない。

 

だんだん年齢を重ねると、脂っぽい肉類より、少量のお惣菜が好きになったり日本酒が好きになったり、嗜好が変わってきたように思う。

それに読書も、これまでビジネス書ばかり3,000冊は読んできたと思うが、もう少し歳を重ねたら、熱い日本茶でも飲みながら歴史書を読み漁りたいなと思っている。

人生まだまだ楽しみがあるもんだなぁ。

bLog TOP