趣味:映画を観よう

悪い種子

『悪い種子』(1956年作 白黒 サスペンス)

町山智浩の書籍『トラウマ映画館』より、続いては、無邪気な子供の恐ろしさを描いた作品『悪い種子』。

この少女ほどでは無いにせよ、誰もが少しばかり覚えのある、子供ならではの無邪気な残酷さがある。

最近の映画にあきあきしている人には、このような昔の名作(シナリオとして)が非常に刺激的で良い。

Amazon prime videoにて、299円で観れる。これもお勧め。

『悪い種子』

ストーリー

ある少年が溺死するという事件が起きた。クリスティーンは、少年の持っていた筈の金メダルを、娘のローダの机の中に発見する。ローダがメダル欲しさに少年を殺したのか?

そして、自分の中に殺人鬼の血が流れていることを知ったクリスティーンは……。W・マーチの原作を基にした舞台劇の映画化で、舞台版でも主役を演じたP・マコーミックの“恐るべき子供”ぶりが話題を呼んだ作品。

映画データベース サイトより

子役が凄いので、ぜひ、初見でprime videoのを観ることをお勧めするが、そんなの面倒臭いと思う人は下記解説サイトへどうぞ。

いきなりネタバレから始まり全ストーリーがわかってしまうので、映画を観るつもりなら、開かない方がよい。

タニムラ洋画館-映画史に名を残す最年少サイコパス!「悪い種子」の全あらすじ

  1. リタイアメントな日々

    非連続の飛躍
  2. 日記

    シナボンはナシボン
  3. 日記

    Become a dog
  4. 日記

    パターン変更
  5. 思考:気付きの言葉

    証明しなければならない
PAGE TOP