日記

最後の講義

今朝は『最後の講義 完全版』福岡伸一(生物学者)を読んだ。

福岡伸一氏は、『動的平衡』シリーズを始め、『生物と無生物のあいだ』や『生命と記憶のパラドクス』、『フェルメール光の王国』など、どの本を読んでも非常に面白い。

先日、福岡氏が京都大学で講義した動画を観ていて、その講義の書籍があるとのことで、早速、購入したのが本書だ。
基本的には動画の書き起こしだが、講義動画ではカットされた部分や、特に、生徒との深い質疑応答などがとても面白い。
少しでも興味あれば、40分程度の講義動画だけでもお勧めします。

  1. 日記

    He will be back
  2. 日記

    連休初日
  3. 日記

    自分が死のうとする夢
  4. 日記

    Q3打ち上げ
  5. 日記

    京都へ
PAGE TOP