日記

もっと早く知りたかった Win10の超便利機能

毎日 何時間もPCを使っているのに、最近になって初めて知った Windows10の超便利機能がいくつかある。ご存じの方もいるかと思うが、私の目からう〇こが落ちたTOP3を紹介したい。

タスクバー上アプリのショートカット

「Windowsキー」 +「1」~「0」を押すと、タスクバーに並んでいるアイコンを左端から数字の順番で一発起動できる。


上図の場合、左の3つ(スタート、検索、タスクビュー)は標準機能。4つ目の電卓アプリが実質1つ目となるので「Win」+「1」、その隣のメモ帳は「Win」+「2」でサクッと起動できる。

私の場合、「電卓」「メモ帳」「エクスプローラ」「Excel」を頻繁に使うので、タスクバーのアイコンを動かして、左から1,2,3,4の順に並べている。

標準スクショ 切り取り&スケッチ

「Windowsキー」+「Shift」+「S」で切り取りモードになり、マウスをドラッグするだけでクリップボードに保持される。あとは、ペースト先で「Ctrl」+「V」で貼り付け。
※ 画面上部のアイコンで、通常の「四角形領域」「フリー」「ウィンドウ」「全画面」の切替えも可。

だが、これだけではない。

さらに1:そのまま、画像保存ができる(JPG,PNG,GIF)

上記でスクショをしたと同時に、画面右下にプレビューが表示されるが、そこで「切り取り&スケッチ」をクリックすると編集画面が開き、保存アイコン(Ctrl+S)で「名前を付けて保存」ができる。

さらに2:Print Screen ボタンに割り付けできる

「Windows」+「Shift」+「S」も面倒なので、「Print Screen」ボタンに割り付けて、ワンキー起動にするともっと便利になる。

設定方法は、スタートメニューから「設定」(または「Windows」+「I」) →「簡単操作」→「キーボード」を開き、「プリント スクリーンのショートカット」をオン。

複数コピー&選択ペースト

「Windows」+「V」で、クリップボードの保持履歴から選択してペーストができる。

テキストを選択して「Ctrl」+「C」でコピー、「Ctrl」+「V」でペーストは、日常的によく使うと思うが、実は、テキストやスクショなど、クリップボードに一時的に保持されたものはすべて履歴として残っており、「Windows」+「V」で下図のようにクリップボード内から選択してペーストすることができる。

この機能を知るまで、いちいち、セルやアプリを切替えながらコピペを繰り返していたが、これによって、先にじゃんじゃんコピーしておいて、後でじゃんじゃんペーストすることができるようになった。

以上、もっと早く知りたかった Win10の標準機能TOP3でした。

 

 

アーカイブ since 2004

ランダムPickup

PAGE TOP