日記

ウォシュレットは先か?あとか?

私は、先にペーパーで完全に拭いてから最後に仕上げとしてウォシュレット

だから、たまに出先のトイレなどで、隣から ” カラカラ~ ” のペーパーを使ってる音もせず、いきなり ” シャーーー ジーヤッ ジーヤッ”と洗いから入る気配を感じたとき、「うゎ~、ストロングスタイルやなぁ」と、正直、あちこち飛び散ってる絵が出てきて心配になる。

しかし、暇つぶしにリッスンしてると、これが意外と多いのだ。もしかして Youも?
となると、我こそ本流と信じ込んでいたのだが、正しい方法はどちらなのか。

基本スタイルは「荒拭き」「本拭き」「総仕上げ」の3 step

ざっくり荒拭きし、しっかり本拭きし、最後に、お口まわりを拭いて身だしなみをチェック。
これが我らペーパーファースト派の基本スタイルだろう。

さらにこだわる人は5 Step スタイルもある。
「荒拭き」「下拭き」「本拭き」「ツヤ出し」「総仕上げ」

そして、ウォシュレットが登場したことにより「洗い」がマストに加わった。
やはり、作業行程の追加なのだから、ウォシュレットは最後だと思うのだが…。

本来どうあるべきなのか、本家TOTOの見解はいかに

早速、TOTOのサイトでウォシュレットのオンラインマニュアルを見てみた。

「標準的な使い方」という箇所に、イラスト入りで3ステップが書かれている。

  1. 便座に座る(着座スイッチが働き、各機能が使えるようになります)
  2. 洗う・止める(ウォシュレット本体操作部で操作します)
  3. 便座から立ち上がる(パワー脱臭が始まり2分後に自動停止します)

要は、ウンコの仕方(本名で書いてすみません)ではなく、操作方法しか書いてないのだ。

本件について、メーカーに電話で問い合わせた人がいた

ありがたい。

しかし、TOTOもINAXも「メーカー推奨の公式な使い方というものはございません」との回答だったらしい。

要は、食事の仕方にしても、何の仕方にしても、人間のする行動に「公式」なんてものはない。そりゃそうだ。

論理的にはどうあるべきか。答えはある

情緒的なことに「正解」は存在しないが、論理的あるいは科学的なものには、物理法則としての理屈上の答えはある。・・・と思う。

その答えは、意外にもトップの写真の中にあった。

若い方は知らないだろうが、50歳代以上なら誰でも知っている。TOTO ウォシュレットが誕生した1980年頃の『おしりだって洗ってほしい』という有名なキャッチコピーのCMだ。

さて、重要な部分をもう一度お見せしよう。

彼女は、手についた青い絵の具をペーパーで拭いている

そうすると、手のひらに刷り込むように広がってしまい、ここに温水シャワーを浴びせかけても簡単に洗い流せる気がしない。

かたや、ペーパーで拭く前の状態に温水シャワーをかけたらどうだろうか。勢いによってはかなり洗い流せ、そこからペーパーでしっかり拭くと、きれいに取れるような気がする。

つまり、・・・そういうことだ

負け惜しみを言わせてもらえるなら、
ケツはそれで良いかもしれないが、便器の気持ちになってみたら、うふぇ~とてもとても。


P.S

好奇心旺盛な貴殿なら、きっとやったことあるはず。

自分と関係のない「ビデ」のボタン押したことあるでしょ? あるよね。
で、「ここかぁ~」と、心の中で小さくつぶやいたよね。 OK。

アーカイブ since 2004

ランダムPickup

  1. 日記

    夏のしっぽ
  2. 日記

    昼寝と夢
  3. 日記

    How to create "nice" ideas
  4. 趣味:ゴルフへ行こう

    マイカー ト
  5. 日記

    W
PAGE TOP